運営者のご紹介

こんにちは。高野です。
私はオートバイが大好きです。イジるのも大好きです。もちろん、それ以上に乗るのも大好きです。

16歳で免許を取得し、もう随分と長いこと、オートバイに乗っています。レースも、気が付けば30年もやっています。

店主:高野利勝

XJRは、1994年の初期型1200を購入し、レースやツーリングでずっと乗り続けています。その間、何度エンジンをバラし、車体をバラし、組み立てたでしょうか・・・

今の街乗り用は、もちろんXJR1200改です。と言っても、1994年に購入した際のパーツは、ホーンくらいでしょうか。乗ってバラして・・・を繰り返していたら、今の形になりました。

街乗り用もサーキット仕様(レーサー)も、たくさんのオートバイに乗ってきました。人のマシンに乗る機会も、数多くありました。それでも、普段に乗るオートバイとしては、XJR1300が一番好きです。

ちょっと乗るには、面白いオートバイはたくさんあります。小さい峠道で楽しいバイク、スポーツするのには最適なバイク、高速移動に疲れないバイク、タンデムに向いているバイク、高速コーナーが楽しいバイク・・・

でも、トータルで考えると、XJR1300は今でも楽しくて面白い、と感じます。乗るだけでなく、イジっても楽しい!そう思っています。


XJR1300でのレース歴

1994年4レース:4位、2位、リタイヤ、1位
1995年5レース:1位、6位、3位、2位、1位
1996年5レース:4位、3位、4位、リタイヤ、4位
1997年4レース:2位、3位、3位、3位
1998年4レース:1位、4位、4位、リタイヤ
1999年4レース:3位、3位、5位、8位
2000年4レース:7位、2位、5位、3位
2001年2レース:1位、3位
2002年2レース:リタイヤ、10位
2003年2レース:2位、8位
2004年2レース:リタイヤ、4位

<11年間:38レース>
 1位:5回
 2位:5回
 3位:8回

レースシーン

レースシーン

レースシーン

レースシーン

軽量加工したクランクシャフト

この間、多くの方に支えられ、また応援して頂きレースをしていましたが、マシンの整備・エンジンメンテナンスは、基本的には全て自分で行っていました。

クランクだけで4種類作りました。何度もエンジンを壊し、XJR1300の弱点も分かりました。

車体をどうセットアップしていけば良いのか、壊れにくく耐久性のあるエンジンはどう造れば良いのか、自然に身に付いてきました。


XJR1300での街乗り歴

1994~1996年の途中レースと街乗り兼用
1999年街乗り用XJR1200製作
2005年街乗り用XJR1200改製作
2006年街乗り用XJR1300改製作

街乗り用XJR1200改

STDの77ミリピストンを使いながら、カム・圧縮比アップ・キャブ・クランク・コンロッド等の加工により、後輪出力140ps以上。

街乗り用XJR1300改

現在の愛車です。後輪出力は150ps以上。車検証に記載の車両重量は、210kg。

公道用であれば、エンジンの各パーツに掛かる負荷は、レース時と比べ随分と下がります。また、求めるパワーや運動性も変わってきます。

レースでの経験を生かし、コストや耐久性も重視して、乗って楽しいマシンを製作しました。


今までに乗ったオートバイのご紹介

今までに多くの方のご協力もあり、様々なマシンに乗らせて頂きました。
その一部をご紹介いたします。

OW-01
1990年のSP750クラスでのヤマハOW-01です。一緒に走っていた後輩は、今やヤマハの監督です。

FZR400
1990年、鈴鹿6時間耐久レース時の、FZR400です。3年目でやっと完走しました。

SRX改
シングル(単気筒)レースが流行っていた頃のヤマハSRX改です。フレームは、GSX400のアルミフレームです。

SRX改
同じ頃のヤマハSRX改です。特注のフレームに載せています。

ZXR750
1997年、たった一度だけ出場した鈴鹿8耐の時の、カワサキZXR750です。決勝は一日雨でした。無事に完走でき、車検場の裏で花火を一人で見て泣きました。

TRX
盛り上がっていた頃のバトルオブツインに、ヤマハTRXで出場しました。平さんも同じクラスに出場していました。

ヤマハR-1
1999年のもてぎ7耐で、ヤマハR-1に乗らせて頂きました。なんと、予想もしなかった2位入賞です。嬉しいお立ち台でした。

カワサキ9R
2000年のもて耐は、レギュレーションの変更から別チームでカワサキ9Rに乗りました。上出来の7位でした。

ホンダVTR
バトルオブツインにホンダVTRで出場しました。まさかの雪でしたが、1位になれました。多くのライバルたちは、決勝前に雪でリタイヤしました。

ヤマハR-1
2002年のもてぎ7耐です。ヤマハR-1に乗せて頂きました。最下位近くから、なんと3位まで追い上げることができました。

ヤマハR-1
2004年のSUGO6時間耐久に、ヤマハR-1に乗せて頂きました。決勝は一日雨でしたが、2位以下を3周遅れにしての優勝でした。

RSカタクラオジリナルFZS1000R
こんなマシンにも乗らせて頂きました。R1のように見えますが、フレームは鉄です。ですから「FZS1000R」と名付けました。

ヤマハR-1
こんなマシンのテストもさせて頂きました。ちゃんと走るかどうか、だけのテストですが・・・

ヤマハFZS1000
こちらは、現在レースに使用しているヤマハFZS1000改です。鉄フレームですがR-1のエンジンが積まれています。

RSカタクラオジリナルFZS1000R
RSカタクラオリジナル・FZS1000R
非常にカッコ良くてキレイなマシンです。一部雑誌にも掲載されました。

「R-1なんじゃないの?」と言う人もいましたが、鉄フレームなので違います。
私が乗るには勿体無いほどの、素晴らしい出来栄えです。


ちょっとした動画

XJR1300でのレース動画はさすがに有りませんが、最近の動画をご紹介します。

長くやっていると、時には神様がご褒美をくれるようです。
(オレンジのマシンで、汚い青合羽です。汗・・・)

(提供:松田光市氏)

(提供:WITH ME)


こんな私が、あなたのXJR1300を整備します。

XJR1300(1200)専門で、エンジンのオーバーホール、エンジンチューニング、カスタム、レーサー製作をお受けしています。

興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。

その他のヤマハビッグバイクに関しては、師匠である本家のカタクラをご紹介いたします。

a:11494 t:11 y:9